読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ飛行機撮影記

カナダの東側 トロントピアソン空港にて飛行機を撮影しながら高校生をやっています。誰かの心に残る写真を撮れるよう頑張ります。ブログ初心者。

カナダの東側で飛行機を撮影している高校生のブログ。 主に飛行機写真や撮影地、搭乗レビューなどを紹介していきたいと思います。 週一更新目指して頑張ります!

【ウエストジェット】 B787導入、アジア線就航決定

おはようございます('ω')ノ

 

お久しぶりです。職業体験学習の講義等で忙しく更新する暇がありませんでした(^^;

またしばらく更新が途絶えますが生存確認はTwitterで確認できますのでご覧ください。

 

 

さて、今回はウエストジェットに関しての熱いニュースが入ってきたのでそれに関してお話ししたいと思います。

 

ウエストジェットに関しては以前まとめましたのでよければご覧ください。

 

・B787 Dreamliner 導入

 

現地時刻で今日午前10時ごろ、ウエストジェットがボーイングB787-9型機を確定10機、オプションで10機オーダーしたことが発表されました。

http://prnewswire2-a.akamaihd.net/p/1893751/sp/189375100/thumbnail/entry_id/1_q1081a8e/def_height/400/def_width/400/version/100011/type/1

搭載エンジンは GEnx-1Bを予定しています。日本航空やカンタス航空と同じですね。

 

初号機のフェリーは2019年上四半期で、確定発注分は2021年12月には完納される見通しです。(オプション分は2020年から2024年)

 

確定分だけで10機。同サイズのB767-300ERは現在4機のみ運航しています。

f:id:KazCYYZ:20170503085926j:plain

 

倍以上の大型機を導入するとは思ってもいないことでした。

 

 

B787導入発表後のCEOのコメントです。

 

We have carefully executed on our strategic plan, first launching WestJet Encore to connect smaller communities across Canadato our growing network followed by our successful venture into widebody flying to Hawaii and London Gatwick. Now, with the most sophisticated commercial airliner available, we turn our attention to further growing our international presence.

私たちは戦略的計画を慎重に練りました。初めにウエストジェット・アンコール(Q400を使用した短距離専門の傘下航空会社)を設立し、カナダ全域のコミュニティを成功へのネットワークに繋ぎ、ハワイとロンドン・ガトウィックへのワイドボディ機での運航も成功させました。・・・

筆者訳。意訳等ありますが大意はご理解いただけたと思います。

 

http://prnewswire2-a.akamaihd.net/p/1893751/sp/189375100/thumbnail/entry_id/1_cq66cy5q/def_height/400/def_width/400/version/100011/type/1

 

簡単に言うと「他社との区別化」ですね。LCCとしてはかなり早い段階のB787導入ではないでしょうか。B787の導入で差をつけたいようです。

ウエストジェットのライバルといえばやはりエアカナダ・ルージュではないでしょうか。エアカナダのLCC版で、エアカナダから払い下げられた機体をメインに使用しています。大手の力により、ウエストジェットがB737で飛ばしている路線をB767で飛ばしたりと、熾烈なバトルが繰り広げられているのだと感じています。

f:id:KazCYYZ:20170425080217j:plain

 

エアカナダ・ルージュにB787が回ってくるのはしばらく先の話でしょう。ここで一気にウエストジェットが差をつけた形です。

 

さらにウエストジェットはB737MAXシリーズも導入予定です。非常に短い期間に機材の更新が行われますね。

 

いずれもそう安くはない買い物だったでしょう。これで経営基盤が揺らがれないよう頑張っていただきたいです。

 

 

 

・アジア線就航決定

B787導入のニュースに並び、ウエストジェットの南アメリカおよびアジアへの新規就航、ヨーロッパ線の拡大を発表しています。

各地域とも具体的な行先は発表されていません。

 

なによりうれしいのがアジアへの新規就航ですね。アジアからカナダへの選択肢が増えたことが喜ばしい限りです。

しかし気になるのがアジアのどこか。ですね。

日本ではエアカナダが東京、大阪、名古屋を抑えていますし香港だってキャセイパシフィックが飛ばしてますし、北京はエアカナダと海南、台北はEVA、上海はエアカナダと中国東方と、新規就航が付け入る隙がないように思えます。

大都市に就航させるのかそれとも中堅都市から就航させるのか非常に気になるところです。続報が出ればまたお伝えする予定です。

 

 

http://prnewswire2-a.akamaihd.net/p/1893751/sp/189375100/thumbnail/entry_id/1_w01ad0fa/def_height/400/def_width/400/version/100011/type/1

今回はウエストジェットのB787導入とアジア線新規就航について紹介させていただきました。

就航先の発表が楽しみですね!

 

それではまた次回。

 

 

記事作成にあたり、こちらの記事を参考にさせていいただきました。